【ずぼらクッキング】炊飯器でカボチャを炊く方法

カボチャイラスト LIFE

こんにちは。お店のディスプレイなどもすっかり秋めいてきました。 この時期は大好きなカボチャスイーツがたくさん出てきて テンションが上がるカタアヤです。

先日、親戚から立派なカボチャをどどん!と2個も頂いてしまいました!! …が、カボチャって固くて大きくて切るのも大変だし、茹で加減も難しくて、自分で調理するとなると 正直 テンションが下がりますよね…

そこで、頂いたカボチャがぴったり炊飯器におさまるサイズだったこともありまして、炊飯器でカボチャを炊くことに挑戦してみました。

カボチャ調理、どうしてる?

さてさて皆さんは、カボチャを料理に使う時はどうしているのでしょうか? 「何言ってるの?普通に包丁で切って茹でて使ってますよ」という方は、このページを読む必要は全く無いと思います…。

私は自他共に認める チビ 低身長なせいか、そもそも力が少ないです。へろへろです。固いビンの蓋とかも 全然開けられないタイプです。キャベツの芯に刺さった包丁が抜けなくなったりして 格闘することもしょっちゅうです。そんな人間にとって、カボチャを切るのは カッターで缶詰を開けてみろ!と言われているような…挑む前から全くお手上げな気分なのです。

 

電子レンジを使う

カボチャを切る裏ワザでよく言われていますよね。まるまるラップで包んで、レンジで7~8分。やわらかくなったところを包丁で切りましょう~ということなんですが、コレ、みんな本当にやわらかくなりますか?

私の場合、加熱後 指を火傷しそうになりながらラップを外し、確かに少しやわらかくなったな…と包丁を入れるも、途中でどうにもこうにも刃が進まなくなり、もう一度ラップをして2~3分。もう一度レンジから出し切り分けようとするけど無理で、更にレンジで2~3分。なんだか皮からは焦げくさい匂いが…。ウンウンチカラを入れて何とか切り分けても、煮物や炒め物に使うならいいのですが、そのままマッシュしたりは出来ない微妙な硬さに仕上がります。カボチャのオレンジの部分をマッシュするには 細かく切り分けたものを耐熱ボウルなどに入れて、更にレンジで加熱しなきゃなりません…。

この「柔らかくなっているのかが 切るまでよくわからない」のが とても手間に感じて、この方法はあまり好きじゃないです。が、生のままで切るよりは全然ラクなので 今まではこの方法でなんとか切りわけて使っていました。

加工済みのものを購入

上記の方法にうんざりした私は、ここ数年、カボチャをまるまる購入することを諦めています。ご近所さんや親戚から頂いた時以外は、カボチャを全く切っていません!

息子の離乳食などには小分けに冷凍されている冷凍食品を愛用しています。冷凍食品では、コープさんの国産野菜シリーズがなかなか優秀で、バラ凍結で使いたい分だけレンジでチンして使っています。解凍も少量なら1~2分でホクホクの食感になるし 日持ちもするしで 常に冷凍庫にストックしてあります。

グリルしたり炒めてカレーに盛りつけたりしたい時は、近所のスーパーで薄切りにカットされているものを購入して、そのまま使っています。割高だと思うのですが…購入してからの苦労を思うと、やはりなかなか手が出せず…(そんなにイヤか!と、自分ツッコミw

そんなわけで、なんとか簡単にカボチャを切る方法は無いか、と、今回考えてみたのでした。

炊飯器でカボチャを炊くには

そこで、今回私が編み出した(…といっても2回試しただけで意外に成功した炊飯器でカボチャを炊く方法が、↓下記↓になります!

炊飯器に入ったカボチャ

①炊飯器にカボチャを入れ、蓋が閉まるか必ずチェック!

②カボチャ表面の汚れを洗って落とし、炊飯釜にIN。

水150mlを入れる。

④蓋を閉じて「炊飯」ボタンを押す。

⑤他の家事をしながら 炊きあがりをゆっくり待つ。

以上! 水を入れて炊飯ボタンを押すだけ! とっても簡単です!

1歳を過ぎた息子の離乳食のため、日頃から 白米を炊く時にアルミホイルで包んだニンジンやジャガイモを一緒に入れて野菜スティックを量産していたのですが(←この方法は以前ネットで紹介されていて知りました!)それならば、カボチャもいけるのでは?? と思ったのがきっかけです。

カボチャではお米を一緒に炊く余裕がないので、1回目はとりあえず水100mlを一緒に入れて挑戦したのですが、水分が足りなかったようで底の皮が少し焦げ付いてしまいました

2回目に 水150mlで挑戦したら、上手に炊きあげることができました!

我が家の5合炊き炊飯器の場合は150mlが適量だったようですが、もしかしたらメーカーさんによっては変わってくるかもしれないので、皆さんも自宅の炊飯器でぴったりの水分量を調整してもらえたらと思います。

炊きあがったカボチャは

炊きあがったカボチャは、ビックリするくらいやわらかいです!

切断されたカボチャ

包丁で力を入れず、ヘタまでス~っと切れます!

熱々のカボチャを炊飯釜から取り出すのには少し難儀しますが、レンジで加熱したものと違って、このカボチャは何の抵抗もなくすとーんと切れます!! 今まであんなにチカラを込めていたのは何だったんだ!?と落ち込むほど…笑。

あとはスプーンで種やワタをせっせと掻き出して…

切り分けられたカボチャ

調理したり 冷凍したりして楽しく使い切りましょう!

使いやすい大きさに切り分けて、用途別に保存します。

今回はカボチャふたつと量が多かったので、金属バットに乗せた分と2回目に炊いたものは全部、バットで個別に凍らせて、ジップロックに詰め替えて使いたい分だけ解凍して使っています。(上記の常時ストックの冷凍食品と同じ使い方ですね

白い保存容器のものは、大きい容器の方はマッシュして 炒めたベーコンと玉ねぎ・チーズを混ぜてカボチャサラダに。小さい容器の方は 後日レタスにトッピングしてドレッシングをかけ、温野菜サラダにしました。

ラクして美味しくを追及したい

以上、少しでもわかりやすくと思いたくさん写真を撮ってみましたが うまく伝わったでしょうか?

私は基本 料理好きな方だと思うのですが、炒めたり煮込んだり味付けしたり…の前の下準備が面倒臭く感じてしまう、根っからのずぼら体質です。今回、スイッチひとつでカボチャがホクホクに炊ける、ということを発見して、一気にカボチャ料理のハードルが下がりました!

今後も良い方法を編み出したら、blogで紹介していきたいと思います。

下拵えに限らず 少しでもラクしたいので、「こんなずぼら調理を知っているよ!」という方がいましたら、ぜひぜひ教えて欲しいです!

 

コメント